2014年11月13日木曜日

DxOMarkにPanasonic Lumix DMC-LX100のスコアが出たので他の高級コンデジと比較してみた

本日発売のLumix DMC-LX100のスコアがDxOMarkに出たようなので、各社高級コンデジとの比較をしてみました。
このスコアがどれほど信用できるのかということは一旦置いておきましょう。

まずは1インチセンサー売れ筋のキャノンG7XソニーRX100M3との比較。

Canon PowerShot G7 X vs Panasonic Lumix DMC-LX100 vs Sony Cyber-shot DSC RX100 III



ほぼ互角ですね。
G7Xはソニーのセンサーと噂されているので納得の結果です。

ところで1インチとm4/3が互角なのかよと突っ込みたいところですが、LX100はマルチアスペクトなのでm4/3といってもセンサー全域を使っているわけじゃないんですよね(1684万画素のうち有効画素は1280万画素)

価格コムのスレッドに「マルチアスペクトってそんなに価値が有るのでしょうか?」というのがあってなかなか興味深いです。

自分は動画、しかも4Kで撮れることがLX100のメリットと思ってるので、動画モードにしても画角が静止画と変わらない24mmスタートというのはなかなか魅力的であります。
アクションカムでないビデオカメラで24mmスタートってのはあまり聞いたことがありませんしね。






続いてAPS-Cサイズのセンサーを積んだ高級コンデジ、リコーGRニコンCoolpix A

Panasonic Lumix DMC-LX100 vs Ricoh GR vs Nikon Coolpix A



さすがにスコアに開きがありますね。

ちなみにGRとCoolpix Aはどちらも28mm、F2.8の単焦点ということで、上記の高級コンデジと比べると使い勝手は限られてしまいます。
あと手ぶれ補正がないのも動画として使う時に厳しいのでちょっと惜しいです。







続いて同じく4K動画に対応しているパナソニックFZ1000と、1.5インチセンサーのマルチアスペクトとけっこうスペックの近いキャノンG1XM2の比較。

Panasonic Lumix DMC-LX100 vs Panasonic Lumix DMC-FZ1000 vs Canon PowerShot G1 X Mark II



コンパクトなカメラとは言えませんがFZ1000はソニーの1インチセンサー、これまた意外と大きいG1XM2はG7Xと違いキャノン製のセンサーといわれていますが、ここでもやはりソニーセンサー強しといったところでしょうか。

ちなみに私はFZ1000を発売当初ポチりそうになったのですが、LX100が出るとのニュースを聞いてずっと保留していました(10/31まで7000円のキャッシュバックキャンペーンがありましたね)

LX100とFZ1000を比べた場合、FZ1000のメリットで思いつくのは、高画素、高倍率、バリアングル、FHDでの120fpsハイスピード動画撮影といったところでしょうか。
デメリットは、開放がF2.8から、そしてなんといっても本体がデカイといったところでしょうか。

散々書きましたが、5万を切る値下がりをしてきたソニーRX100M2あたりも狙い目かなと思ったりしてますw

なにせLX100は10万超えですからね。
ミラーレスや一眼レフをレンズキットで買えちゃう値段ですもの。

(だがしかし4K動画は捨てがたい…)

0 件のコメント:

コメントを投稿