2014年6月8日日曜日

固まる #cat #neko #猫 #オッドアイ君



via Instagram http://ift.tt/1oKtFrE

ラーメンあじべ 足利市

地元の栃木県足利市のラーメン「あじべ」に行ってきました。何十年かぶりに来てみましたがここは変わらないですね。シンプルな縮れ麺の醤油ラーメンで飽きない美味しさです。

あじべ
住所:栃木県足利市葉鹿町1-25-1
電話番号:0284-62-0347
営業時間:11:30〜14:30 17:30〜19:30
定休日:月曜日(祝営翌休)、第2・3火曜日
駐車場:あり

2014年6月6日金曜日

これが噂のアイーン寝か… #cat #neko #猫 #ミーちゃん



via Instagram http://ift.tt/1pcmwSe

ペットのフリーズドライ

ふと亡くなったペットをフリーズドライにしてくれるサービスを思い出した。
自分が猫を飼う側になって、そういう気持ちも少し分かるようになったんだけど、でも自分の中でそれでいいのだろうか?っていうモヤモヤした部分もあってね。
色々と検索してたら、ペットの霊園のサイトに良いQ&Aがあったので以下引用。 

4.火葬しなければいけないのでしょうか?

火葬した方がいいとは思います。
ペットが亡くなって、そのままにしておくことはできませんので、火葬なり土葬なりを選択しなければならないでしょう。
時には姿を残しておきたいということで剥製にしたり、フリーズドライにしてそのままの姿を残す方もいますが、その状態であってもずっと置いておくことはできませんので、いつの日にかは火葬なり土葬なりする日が来ると思います。
剥製やフリーズドライなど日本の風土・風習からは馴染みがありませんから、あまり考える方もおりませんが、一時的には姿が残っているということで心は楽になりましょうけれども、年月が経つとその姿に切なくなるとの感想を耳にします。
実際、私は剥製やフリーズドライの子を何度か火葬しておりますけれども、火葬に来る人たちは同じ事を言います。
「家に帰って来た時は姿があることが嬉しかったけど、月日が経つにつれて、動かない姿のまま置いておくことが正しいことなのかと思い始めた」
「そのままの姿を見ていることが、だんだん切なくなって、申し訳なくなってきた」
「最初はこうして良かったと思っていたけど、心が落ち着いてくると、このままでは可哀想に思えてきた」
というに、月日が過ぎて、心が落ち着き始めると、最初に思っていたことと、後になって思うことにはズレが生じてくるようです。
剥製やフリーズドライにする際は、火葬や土葬するまでの猶予期間と考えていただくようにして、心が落ち着いたら火葬か土葬するようにした方がいいとは思います。
http://sourumeito.sakura.ne.jp/newpage8.html

悲しみが落ち着くまでの猶予期間。
そうだね、そういう考え方があっていいと思うよ。

しみチョココーンとチョコリングの違いが気になる



via Instagram http://ift.tt/1ky4H0k

2014年6月5日木曜日

【ジェットに聞け】安倍さゆり 撮影後トーク [2009]

Audiobooにて2009年公開。
ジェットさんのガジェット素人面接シリーズにて、面白法人カヤック×明和電機による噂のビンボーゆすりガジェット「YUREX­(ユレックス)」を、タレントの安部さゆりさんに使用して頂いた撮影終了後の打ち上げにて。

【YUREX vs 安部さゆり 【ガジェット素人面接 #004】
http://www.youtube.com/watch?v=x5UG85OT2M4